English
 

てくてくてん2
キョートット出版

 〒615-0062  京都市右京区
 西院坤町126
 tel&fax 075-321-3834
@kyototto
BLOG
キョートットの本

7月20日、東京・中野ZEROで、てくてくてん2が始まりました。私、小川恭平も出展しています。
http://homepage2.nifty.com/tekutekudesu/2008tekutekutenn1.html

てくてくてん2はLCCてくてくが主催している展覧会です。
LCCてくてくとは、居宅生活支援事業を中心に、地域でのその人らしい暮らしを支援しているちっちゃな会社です。

てくてくてん、前回のテーマは「肩書きのない展覧会」でした。今回は、「あなたの肩書きはなんですか?」です。
肩書きとは、社会から与えられることが多いでしょう。それをなくしてみたり、自分から名乗ってみたりすることで、「その人らしい」を見せ合うというのが、趣旨だと思います。

私の肩書きは、キョートット出版。
出版業とか編集者とか、ではなく、キョートット出版としかいえない感じです。

そこで今回は、「キョートット出版についての絵本」を展示することにしました。この3年やってきてわかってきたことを、ちょうどまとめて見たいと思っていたのです。

題して、「少し背伸びして、―― キョートット出版について」

本は、宇宙
編集は、道をつくること
営業―― 本屋さんはパートナー
出版―― 本がつないでいく
キョートット出版の志のようなもの
キョートットの本たち

本当は、あと
デザインについてと、流通についても書いてみたかったのですが、それは次の機会ということで。

てくてくてん、出展作品は多彩です。そして、見に来た人も参加できる、ワンピース展示というのもあります。出展者同士、見に来た人がつながっていける感じで、こういう場所はいいなと感じられる展覧会です。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Tumblr



comments
  1. ささき Says:

    参加して下さってありがとうございました。
    ここにも宣伝して下さってありがとうございました。恭平さんの絵本はわかりやすくて楽しかったです。本がとっても大好きで、本を愛おしんでいる方なのだというのが、とっても伝わって来る絵本でした。
    機能は布ぞうりを作る会でした。
    パズルもそうだけど、一人一人、作るぞうりがまるで違っていて、こんどは100人のぞうり展なんてどうかと、ちょっと思いました。
    楽しかったてくてくてんは、パズルがこれからどうなるか、まだまだ楽しめます。

コメントを書く