English
 

キョートット出版

 〒615-0062  京都市右京区
 西院坤町126
 tel&fax 075-321-3834
@kyototto
BLOG

キョートットの本

ブックアートと手づくり本の展覧会「THE LIBRARY in KYOTO 2016」が2016年1月19日(火)~24日(日)、京都・河原町三条のMEDIA SHOP galleryにて行われます。


高橋源一郎さんが、トム・ギル著「毎日あほうだんす」の書評を書いています。


新住所
〒615-0062 京都市右京区西院坤町126
tel&fax 075-321-3834


〒606-8117 京都市左京区一乗寺里ノ前町35-9 赤尾アパート
〒606-8273 京都市左京区北白川山ノ元町2

tel&fax 075-702-9598 (変更なし)


現在、復活しています。


この9月、小川恭平がキョートット出版について話をする機会が二度あります。16日と29日です。本をつくること+最近考えていること。


ツバル語会話入門の著者、もんでん奈津代さんが本を出版します!
『子連れ 南の島暮らし――南太平洋のゆる~り子育て体験記』



 


やっぱり!本が好き 国際ブック・アート・ピクニック
http://bookartpic.exblog.jp
という聞くからに楽しそうなイベントが大阪であります。


11月29日、京都ひとまち交流館で「慰安婦」被害者の証言集会があります。
http://shogenkyoto.blog70.fc2.com/
韓国「ナヌムの家」から姜日出(カン・イルチュル)さんが来てくださるとのこと。


ついに、いちむらみさこ著「Dearキクチさん、」が韓国で翻訳出版されました!
茶を基調にした表紙とはうって変わって、中は緑がいっぱいの美しい本です。


246表現者会議がアトリエ・ワンに対する「宮下NIKEパークについての公開質問状」を発表しました。
http://kaigi246.exblog.jp/10349071/


 
ツバル会話入門


みなさん、お気づきになりましたでしょうか、このサイトの一番右上を見て下さい、englishとあるでしょう、キョートットに英語のページができたのです。


ユニオンエクスタシーのストライキ、現在も続いています。(20090308)
http://extasy07.exblog.jp/


クレヨンハウス発行の育児雑誌、クーヨン4月号にいちむらみさこさんのインタビューが載っています。


私は、ここ6,7年大学図書館で働いてきて、その待遇の悪さについて腑に落ちませんでした。それが、フリーターズフリー2号を読んで、ああそうか、これは女性労働(パート労働)の搾取の問題だったんだ、と気がつきました。


ロスジュネ2号にいちむらみさこさんが寄稿しています。
「殺す市民、カレーライスでつながり生き返れ」


1/11、京都精華大学で、S/N について語られなかったこと、というイベントがありました。


あけましておめでとうございます。


紀伊国屋書店新宿本店、3階と6階で、


オルタ7-8月号のインタビュー、みさこさんの魅力が伝わる、本当にいいものでした。


10月26日、女性の表現フェスティバル2008 にて、
いちむらみさこさんがワークショップをします。


10/19、wowow のドキュメンタリー番組で、ナツさんや娘さんのツバルでの暮らしの様子が放映されました。