English
 

キョートット出版

 〒603-8311  京都市北区紫野上柏野町52-12
 tel 075-321-3834
 fax 075-925-6036
@kyototto
BLOG

キョートットの本

 
ツバル会話入門


キョートット出版は2020年11月23日に引越ししました。
新住所:〒603-8311 京都市北区紫野上柏野町52-12
新電話番号:050-6872-1904
FAX番号:075-925-6036 (12月15日迄)⇒ 075-366-8892 (12月16日以降)

引越し先は同じ京都市内ですが、今度は京都らしい伝統的な町並が残る「西陣」エリア。建物も機織り工房のあった古い町家です。「左京区」発祥のキョートットにとっては未知の環境で少々緊張しています。
どうぞよろしくお願いいたします。


書店様 POP6種類作りました。どうぞご自由にお使いください。それぞれの画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
 
Kimitsu-popBaka_1
 


11月14日(土)、『毎日あほうだんす』の舞台・横浜寿町にある「ことぶき協働スペース」さん主催で、著者トム・ギルさんのトークライブが開催されます!
ビブリオバトルやバンド演奏もあって、楽しいお祭りになりそう。本の主人公紀光さんが暮らした寿町で、刊行記念ライブが行われることは、この本にとってとても幸せな船出になります。

会場ではストリートをテーマにした本が展示されています

ことぶきライブラリーvol.1
トム・ギル『毎日あほうだんす 完全版』刊行記念トークライブ
「一人民族誌〜土壇場でハッピーライフになっているから、いいじゃないですか。リラックス気分で。」

【日 時】 11/14(土)16:00~(17:30ごろを終了予定)
【定 員】 20名限定(密にならないよう少人数で開催)
【費 用】 無料
【会 場】 ことぶき協働スペース
※満員御礼になりました!
https://kotobuki.space/?p=4129


在庫切れになっていた、トム・ギル著「毎日あほうだんす : 横浜寿町の日雇い哲学者 西川紀光の世界」
ページ数が40%増え「完全版」となって、2020年10月15日に発行です!
チラシ/注文書

affordance-cover

affordance-cover-ura

 

本の紹介

ドヤ街の社会調査を続ける著者は、ある朝、
寿町の労働センターの前で、奇妙な男に英語で話かけられる。

彼の名は西川紀光(キミツ)。
ドヤの部屋でギターを弾き、港湾労働で日銭を稼ぐ。
膨大な量の読書で世界の思想とつながり、
独特の哲学を紡いでいた。

交流を深めるうち、著者は彼の言葉を
文字に残したいと強く思う。

聞き取りの時間が始まった。あるときは
喫茶店「亜歩郎」で、あるときはドヤ(宿)で、
あるときは山下公園で———

*
この本は、天才キミツの人生と哲学の書であり、22年にわたる2人の友情の記録である。

そして、この完全版では、
聞き書き前のエピソードをいれ、「実存主義、20世紀最後のヒーロー」たる紀光の姿を活写する。
また、聞き書き後のことや家族からの証言も加わり、紀光の視線から日本社会を知る貴重な「一人民族誌」となっている。

 

毎日あほうだんすとは

「今日明日生きられるといい、それで精一杯。毎日あほうだんす、まったなし」と、紀光から聞いたとき、「確かに現代社会は阿呆の踊りみたいなものだね」と思った。
後日、紀光に「あほうダンスではなく、アフォーダンスだ」と訂正された。ポストモダーン思想に弱い私には、初耳の言葉だった。――トム・ギル

 

著者について

トム・ギル(Thomas Paramor Gill)
1960年英国生。ロンドン大学博士(社会人類学)。現在、明治学院大学国際学部教授。
25年以上にわたり日雇い労働者・ホームレスを調査。著作・論文にMen of Uncertainty「寄せ場の男たち:会社・結婚なしの生活者」「日本の都市路上に散った男らしさ―ホームレス男性にとっての自立の意味」など。また、福島原発事故被災者調査を行い共著『東日本大震災の人類学』を編集。2015年には本書英語版”Yokohama Street Life”を出版。
 

contents

紀光を紹介します 
紀光という男/1995年の紀光/寿の哲学/港湾労働について/長男そして人生の罰/トムと紀光/再会
2007年、紀光の証言
テッポウで故郷へ/5歳が黄金時代/中学生のころ/自衛隊に入って/あほうだんす/港湾労働の良さ/天気が良くて/海の冒険譚/母の3回忌/アフォーダンスとオートポエーシス/寿のこと/コリン・ウィルソンについて/刑務所のこと、女のこと/イギリスの高校生へ/ホッファーについて/寝ると夢を見る/因果応報について
社会人類学から観た紀光
聞き書きの後のこと
2007~2011/寿町の変化/紀光の新生活/お姉さんの話/本ができた/紀光最後の日々/あとがき
 

トム・ギル著「毎日あほうだんす : 横浜寿町の日雇い哲学者 西川紀光の世界」完全版
売価1800円+税 変形A5版 224 p
ISBN978-4-9902637-6-8
全国の書店、インターネット書店でも注文できます。

 


FAXの専用番号ができました。
075-925-6036

今までの、075-321-3834 は電話専用となります。よろしくおねがいします。


ブックアートと手づくり本の展覧会「THE LIBRARY in KYOTO 2016」が2016年1月19日(火)~24日(日)、京都・河原町三条のMEDIA SHOP galleryにて行われます。


ブック・アートをめぐって2010年、大阪で行われた「やっぱり! 本が好き 国際ブック・アート・ピクニック」をたどりながら、多彩なブック・アートの世界の一端をご紹介!


高橋源一郎さんが、トム・ギル著「毎日あほうだんす」の書評を書いています。


ワンピースを読み出して、一年半になる。ワンピース、ずっと気になっていたんだが、


新住所
〒615-0062 京都市右京区西院坤町126
tel&fax 075-321-3834



ドヤ街の社会調査を続けるトム・ギルは、
20年前のある朝、寿町の労働センターの前で声をかけられる。その主、西川紀光と交流を深めるうち、だんたんとそのユニークな思想を知っていく。
聞き取りを元に構成する、
港湾労働に生き、本を愛する
天才西川紀光の
おもしろおかしな
人生と哲学!


〒606-8117 京都市左京区一乗寺里ノ前町35-9 赤尾アパート
〒606-8273 京都市左京区北白川山ノ元町2

tel&fax 075-702-9598 (変更なし)


現在、復活しています。


この9月、小川恭平がキョートット出版について話をする機会が二度あります。16日と29日です。本をつくること+最近考えていること。


ツバル語会話入門の著者、もんでん奈津代さんが本を出版します!
『子連れ 南の島暮らし――南太平洋のゆる~り子育て体験記』



 


やっぱり!本が好き 国際ブック・アート・ピクニック
http://bookartpic.exblog.jp
という聞くからに楽しそうなイベントが大阪であります。


11月29日、京都ひとまち交流館で「慰安婦」被害者の証言集会があります。
http://shogenkyoto.blog70.fc2.com/
韓国「ナヌムの家」から姜日出(カン・イルチュル)さんが来てくださるとのこと。


ついに、いちむらみさこ著「Dearキクチさん、」が韓国で翻訳出版されました!
茶を基調にした表紙とはうって変わって、中は緑がいっぱいの美しい本です。


246表現者会議がアトリエ・ワンに対する「宮下NIKEパークについての公開質問状」を発表しました。
http://kaigi246.exblog.jp/10349071/


みなさん、お気づきになりましたでしょうか、このサイトの一番右上を見て下さい、englishとあるでしょう、キョートットに英語のページができたのです。


日吉ダム
ほんの二昔前まで
そこに天若という集落があった
八月の夜 一晩だけ
わたしたちは家々のあかりを
湖面に浮かべる

天若湖アートプロジェクトガイドブック
キョートットより発売!


ユニオンエクスタシーのストライキ、現在も続いています。(20090308)
http://extasy07.exblog.jp/